TOPページへ

Word(ワード)で文章の文字を線で囲む方法

Microsoft Word(マイクロソフト ワード)のテクニカル情報サイトです。
パソコンでの文章作成には欠かせないマイクロソフトのワードですが、
操作や設定方法で分かりづらい箇所が多いのは確かです。
このサイトでは、Wordの実用的で便利な操作方法や設定方法を紹介していきます!


このページでは、Word(ワード)で文章の文字を線で囲む方法についてまとめています。





RSS情報アンテナ表示

【お知らせ】
Word NAVI(ワード ナビ)はリンクフリーです。相互リンクも随時募集しています。

Word(ワード)で文章の文字を線で囲む方法

Word(ワード)で文章を作成していて、タイトルの文字や項目の文字を
目立つように線で囲みたいことってあると思います。今回は、Wordで、
タイトル文字や項目文字を線で囲むやり方の説明をしたいと思います。
まず、Word2007/Word2010でのやり方から説明。Word(ワード)を立ち上げ、
文章を作成したら、線で囲みたい文字列をマウスでドラッグして選択します。
リボンタブにある「下罫線」ボタンのプルダウンをクリックすると、
リストが表示されるので、そのリストの下の方にある「線種とページ罫線と
網かけの設定」を選択します。すると、「線種とページ罫線と網かけの設定」
の設定ウインドウが表示されるので、「罫線」タブ内の右下の方に、
「設定対象」を選ぶところがあります。そこで、設定対象を「文字」に
設定します。そうしたら、今度は左側列の方に罫線の「種類」を選べるので、
「囲む」を選びます。次は、すぐ隣の真ん中列にある線の種類や色を自分の
好みで選択し、「OK」ボタンを押せば文字を線で囲むことができます。



次は、Word2003でのやり方を説明します。まず、Word(ワード)を立ち上げ、
文章を作成したら、線で囲みたい文字列をマウスでドラッグして選択します。
文字を太文字や斜文字や文字の下に下線を引くボタンの横に「囲み線」ボタン
があるので、そのボタンを押します。すると文字が線で囲まれます。
もし、「囲み線」ボタンが表示されていない場合は、次の手順で文字を線で
囲めます。まず、線で囲みたい文字列をマウスでドラッグして選択します。
メニューバーの「罫線」→「線種とページ罫線と網かけの設定」を選択します。
ここからは、Word2007/Word2010で説明したやり方と同じです。「線種と
ページ罫線と網かけの設定」の設定ウインドウが表示されるので、
「罫線」タブ内の右下の方に、「設定対象」を選ぶところがあります。
そこで、設定対象を「文字」に設定します。今度は左側列の方に罫線の
「種類」を選べるので、「囲む」を選びます。次は、すぐ隣の真ん中列にある
線の種類や色を自分の好みで選択し、「OK」ボタンを押せば文字を線で
囲むことができます。囲む線の種類は割とたくさん用意されているので、
インパクトのある囲み文字を表示することもできます。




 

カテゴリ:Word(ワード)の便利技や設定方法 



サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーについて
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) Word NAVI(ワード ナビ) All Rights Reserved.